酒の味・甘口とか辛口とは?

酒の味

 

酒の味についてはよく甘口とか辛口とゆう表現を用いますが、味は大まかにいって糖分の量と酸味のバランスによって決まります。

清酒の糖分は一般に日本酒度で表されます。
日本酒度は水に対する酒の比重を日本酒度計という比重計で計ったもので、糖分が多ければ重く、糖分が少なくなれば軽くなる。

つまり日本酒度計がたくさん沈むと、糖分の少ない辛口となり、あまり沈まないと、糖分の多い甘口の表示となります。
その数値がより多ければ辛口、甘口になる。

ただ人間の舌感は、日本酒度(糖度)だけでは決まらないので、舌にまとわりつく感じや後味の具合などが大きく影響します。

とくに酸味の量は酒の軽さ重さの決め手となり、酸度は1.5程度を平均とするが、酸度が多ければより濃醇な口あたりになり酸度が少なければより淡麗の味わいになります。

味覚面では酸度が多ければ辛口、逆に少なければ甘口に感じるように働きます。

例えば、吟醸酒は一般に糖類が少なく日本酒度はプラスとなるが、酸度は低い為口当たりは甘く感じられるものが多く、日本酒度がプラスでも酸味などが強ければ辛口に感じる。
つまり「甘・辛・酸・苦・渋」の五味のバランスにより酒の味は決まるわけです。
 

 

福井酒造株式会社 Official Web Site 2007
〒441-8065 愛知県豊橋市中浜町214番地 TEL 0532-45-5227 FAX 0532-45-5229
お酒は20歳になってから。 飲酒運転は絶対にやめましょう。