酒の効能

日本酒は、人間の身体に必要な栄養素の1つアミノ酸が多く含まれています。
胃に優しく、胃潰瘍を防ぐと言われています。

日本酒は、人間の身体に必要な栄養素の1つアミノ酸が特に多く含まれています。
食中に飲酒することで、胃壁が厚く丈夫になり、他のアルコールを飲酒するよりも日本酒を適量飲む人は健康家が多いといわれています。
お酒の中でも胃に優しく、胃潰瘍を防ぐと言われています。
また、体内と外からきれいにする効もあります。アミノ酸が、肌をしっとりとさせ、つやとしなやかさを与えます。
日本酒には、アデノシンという核酸の一種も、他のお酒と比べて圧倒的に多く含まれています。
このアデノシンは血管の収縮を阻害させる作用があるため、
他のお酒より長く体が温まった状態が続き、体温が高いということは、
皮膚の表面の血液循環が良くなるということから栄養分も体全体に十分に行き届く事となります。
「皮膚は内臓の鏡」。つまり普段から日本酒をたしなんでいると、肌にツヤ輝きが出てくるということになります。
さらに、肌に直接日本酒をつけることで、外側からの保湿効果も期待できます。
そのなかでもお風呂に日本酒を入れる酒風呂はリラックス効果、保湿効果ともに高まり、
湯上り後は長時間ぽかぽか体が温かく冷え性、肩こり、腰痛にも効くそうです。
最後に、麹の培養発酵液には、コウジ酸という成分が含まれています。コウジ酸は細胞の活性化や老化防止にも効果を発揮します。
これはお肌にいいだけでなく、育毛にも有効であることが確認されています。
また日本酒には抗菌作用・抗酸化作用のあるフェルラ酸が多く含まれており、
これが老化の原因となる活性酸素を除去する役割を果たしてくれるとも言われています。

福井酒造株式会社 Official Web Site 2007
〒441-8065 愛知県豊橋市中浜町214番地 TEL 0532-45-5227 FAX 0532-45-5229
お酒は20歳になってから。 飲酒運転は絶対にやめましょう。